« Gpartedでパーティションサイズの調整 | トップページ

2015年2月28日 (土)

SSD64GB→SSD128GBへクローン作成。HDDコピー手順まとめ

SSD64GB→SSD120GBへクローン作成。HDDコピー手順

その準備作業と手順の確認。

●やりたいこと

 ・SSD64GB → SSD120GB へ交換
 ・SSD64GBの中身のLinuxmint13をそのまま120GBのSSDへコピーしたい

 以上の2点の作業を進めていきます。

●手順

 1. KINGSTONE製SSD SV300 120GBをExt4でフォーマット
 2. SDカードに作業用OS Xubuntuをインストール
 3. Xubuntu上で、ddrescueコマンドでコピー
 4. Gpartedでパーティションサイズの調整


それでは、実際の作業開始


手順1

Kingstone_ssd128gb_01_3 ←今回交換するSSD キングストン製の120GB。価格コムの一番安いところで購入。6,480円。Linuxmint13でベンチマークを測ってみました。
>> KINGSTONE SV300S37A 120GBのベンチマークを測定
>> 手順1 KINGSTONE製SSD SV300 120GBをExt4でフォーマット


手順2

Xubuntu1404_01 ←作業に使用したOSは、Xubuntu (ズブントゥ)。バージョンは14.04の最新版で。手持ちのHDDがすべて一杯だったので、16GBのSDカードにインストールしました。
>> SDカードに作業用OS Xubuntuをインストール



手順3


Xubuntu1404_12 ←SDカードにインストールしたXubuntuでSSD 64GB→ SSD 120GBにコピーします。いわゆるクローンディスクの作成です。
>> Xubuntu上で、ddrescueコマンドでコピー


手順4

Xubuntu1404_gparted_01 ←GPartedでパーティションの拡張をします。64GB→120GBのコピー後に約52GBの未割当領域が発生します。その部分をシステム領域に割り当てる作業を行います。
>>
Gpartedでパーティションサイズの調整



★作業完了後のKINGSTONE SSD 120GB。パーティションきっちり収まりました。
Ssd64_to_ssd120gb_01 ←今回の作業では、Xubuntu14.04を使用。


★さっそく120GBの新しいSSDを装着して、起動。無事64GB→120GBに交換することができました。あとは、Dropboxの同期をさせれば、あら元通り
Ssd64_to_ssd120gb_02


全体の作業時間は、約2時間。以上で、今回のSSD交換の作業は終了です。

« Gpartedでパーティションサイズの調整 | トップページ